ブルースクルーザーざ~ます!

福島市にあるブルースバー「なまず亭」ハウスバンドのブルースクルーザーが情報をお伝えするブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白いベース事件

 11月、俺とシブケンの二人で宇都宮に行く事になった。このイベントに関しては後日ご紹介するとして、「宇都宮」と聞いて思い起こされるのが「白いベース事件」。

 何年前のことだろう…もう10年近く前のことだと思うのだが、今は亡き「アーカンソー・ファッツさん」のライヴが宇都宮であると言う事で、バックバンドとして俺とシブケンに声かかった。「TAD三浦さん」を中心にしたメンバーで前日は「なまず亭」でライヴをやって、翌日俺とシブケンの二人が別行動で移動することになった。移動するにあたって、宇都宮の会場にドラムセットがないということで、なまず亭のドラムセットを持ち込むことになっており、俺とシブケンはドラム搬入の任もあったわけ。なまず亭でのライヴ終了後、運びやすいようにバラして、持ち出すだけにしておいた。
 翌日、なまず亭に立ち寄ってドラムを積み込みいざ出発。福島西から東北道に乗って、昨夜のライヴはどうだったとか、今日はどんな感じになるんだろうとか話しながらの道中、天気も良くルンルン気分での快適ドライブであった。でも、いつもの移動だとドラムセットなんか持って移動しないし、俺もシブケンもドラムじゃないので、シンバルはあるか、キックは積んだか、椅子は…なんて忘れ物していないか不安で、一つ一つ思い浮かべて確認し、頭の中でドラムセットが組み立てられ、音が出せる状態になり一安心!
 …………が、ドラムはちゃんとセットされているのになんか物足りない。んで次はドラム以外の自分のパート周りにやっと意識が行き始めた。ハープは持ったし、アンプもマイクもあるしオッケー!!次第に不安は払拭されていったがまだ完璧ではない。で他のパートに意識が移る。
 「ケンさんベースは?」
 「………あ゛っ」
そう、ベース弾きであるシブケンは商売道具のベースを持たずしてライヴに臨もうとしていたのであった。その時の顔ったら、今でも鮮明に思い出す。目を見開き、口を大きく開け、声にならない声をひねり出すような感じ…。
 もう1時間以上走って、道程の半分以上は来ているので戻るに戻れず。とりあえず、すぐに宇都宮に連絡したところ、「とりあえず戻るということを考えずこっちに来て」ということで車を走らせる。二人ともドラムパーツの忘れ物をしないようにって意識が強すぎて、他のところに意識が回らなかった。ましてやシブケンなどは自分のことをさておいてドラムに意識を集中させていたがための所業。

 現場に到着。も、三浦さんはおらずリハも始めることができない。一応機材のセッティングだけすませて待機していたところに三浦さん登場。その左手には「白いベース」が…。
 「中古屋行って買ってきたけんこれ使って。12000円はギャラから引いとくけん」
ということで、当夜のライヴを乗り切った。
 その後もしばらくそのベースを愛用し、なまずでのライヴではよくそれを使っていた。シブケン曰く、
「どこのメーカーかもわからないベースだが、弾き易いベースなんだ」
とのことであった。現在は行方知れずになっているようではある。
 しかしさ、ライヴをやりに行くってぇのに楽器を持たないで乗り込むって…シブケンらしいっちゃらしいよね。最近は別な意味で物忘れが激しいので、周りが「ベース持った?」って確認してあげないとね。ホホホホホホホ…。
by micky



スポンサーサイト

初めてのドラムセット

パール プレジデントエクスポート

当時のパールのラインアップでは最高級のドラムセット。
胴は木ではなく、ファイバーグラスという画期的な素材を使用していた。

自分の最初のドラムセットがこれだった。

初心者のクセに、なんて贅沢な!

実はコレ、兄が高橋まことさんから譲り受けたものだったのです。

まことさんがアマチュア時代に使っていたドラムセットを
自分が使っていたなんて、なんだかスゴイ!

残念ながら、今は他の人に渡ってしまい行方知れず。

今更ですが、まことさん、ありがとうございます。

おかげさまで、こんなに立派な大人になりました。

いさむ

今年の東京ライヴは中止です

 この時季になるとなんかソワソワ。というのも、ここ4年ほど恒例になっていた、「なまずの慰安旅行」ならぬ、クルーザーの東京ライヴの時季だからである。
 一応ご報告させていただきますが、今年の東京行きはちょっと無理な状況でして…。気に止めてくださってる方々には申し訳ありません。また、来年行けるように福島で頑張りますので、なにとぞ温かい目で…。
 ライヴもさることながら、みんなで行く道中、高円寺、吉祥寺探索なども大きな楽しみの一つではありまして、私どもとしても残念でなりません。
 まずはご報告まで。
by micky
 

シカゴつながり

 ブルースといって連想される都市といえばシカゴ。ブルースに携わる端くれとして一度は訪れてみたい地である。
 学術的な知識は持ち合わせてないので、もし大きく事実に反しているならご指摘いただきたいのだが、シカゴがブルースの街として認知されているのは、南部で発祥したブルースが商業ベースに乗る過程で、ブルースで一旗揚げてやろうってブルースマンが当時のアメリカの一大商業都市であったシカゴを目指したことに起因しているはずである。

 だいぶ前のことだが、CD屋をのぞいてたら定価の5~7割引ってワゴンセールをやっていた。どんなもんが売り出されてるのかと物色すれば、ファイヴブラインドボーイズ・オブ・アラバマの2枚組コンプリートスペシャリティセッションズ(ライナーはあの佐々木健一氏)とか、テックスメックスのフラーコ・ヒメネスやらパパ・ウェンバなるアフリカ系の音楽…これらはP-VINEのお仕事。あのロゴマークを見ただけで買いでした。他にもアフリカ系やブラジル系、それにジャワ歌謡の女王ワルジーナ(俺は知らなかったがシブケンに聞けばインドネシアの美空ひばりみたいにチョー有名な国民的歌手なんだってね)など節操なく買い込んだ。その中に「リズ・キャロル」ってアイリッシュ・フィドル奏者のアルバムがあった。家に着いてから「こんなの買ったっけ」って思ったほど印象の薄い一枚であったが、これが聴いてみると何ともいえぬジワッと感溢れる内容で、今もお気に入りで聴いている一枚。
20080921013108

 で、このリズ・キャロル、アイルランド出身かと思えば、これが意外にシカゴのサウス・サイド。両親はアイルランド出身だが50年代にシカゴに移民して来たそうで、シカゴのアイリッシュ・ダンスホールで出逢い結婚したそうである。

 俺が単に勉強不足なだけだが、シカゴって19世紀中にはアイリッシュ・コミュニティが存在した街らしく、リズ・キャロルのようにシカゴ出身のアイリッシュ・ミュージシャンが存在するのは全然不自然ではないみたいなんだね。
 行ったことない彼の地に思いを馳せるのはいいが、「シカゴ=ブルース」みたな固定観念にとらわれると、にわかには理解できないことがらがたくさん出てくるもんだなぁと思わされた。つうか、シカゴには規模の大きいアイリッシュ・コミュニティが存在するなんてのは、言わば一般常識みたいなもんであり、そんなことも知らずして「ブルース好きだからシカゴに行きたい」などと軽く口にするのははばかられる気もした。
by micky

なまずな男・じょに

 なまず亭のマスターといえば言わずと知れた「ジョニー」である。
 そのじょにやんも数年前に大病を患い、その後再発を繰り返してきた。そのため、その季節や検診が近付くにつれ「もしかしたら…」って思い、もう店のイベントどころではなくなるのである。
 本日定期検診の日。結果は「異状なし」であった。
 それを知らせるじょにやんのメール…
 「定期検診クリアーにて、ライヴ入れていきます。お酒呑めます。以上」
だと。確かにライヴとかは抑えめだったけど、酒は呑んでたべと思いつつもまずは一安心。
 とにかく、検診などでまた病院に入るなんて結果が出れば、それまで予定していたライヴなどをキャンセルしたり、強行したりと、やるにせよやめるにせよ、やっぱ通常の流れとは違った流れを作らねばならないので、そういう負担を背負わないようにとあんま先々の予定は入れないで来たのは事実。だが、とりあえず今回の検診をクリアしたことで、年末までのライヴ予定を立てようという気持ちになったようでございます。とりあえず、あの方やあの方…なんかの名前が挙がっております。あぁ楽しみだ。っつうか、ライヴ予定入れんのはいいけど、ついて行けるのかクルーザー??? 
 遠方でじょにやんの体調を心配している方々もこんな現状ですのでご安心を!
by micky

いさむちゃんの何気ないドラムの話

ごぶさたしております。
高校3年生の文化祭がドラマーとしての初舞台。

ラリー・カールトンのルーム335
リー・リトナーのシュガーローフエクスプレス
を演奏した。

それぞれ
ジェフ・ポーカロと
スティーブ・ガッドがドラム。

最近のドラマーは本当に上手な人がいっぱいいるけど
当時はこの2人が神様のような存在で
この2人のドラムをマネできれば
ドラマーとしては間違いなかった。

初心者にとっては無謀な選曲だったけど
自分で譜面に起こして何度も何度も練習して
なんとか形にはなった。

細かいところを言えば16分のバスドラなんかは
当然出来るワケがなく
そういう技術的なところはあきらめて
強弱の付け方とか、
音の質感とか、
そういうところをこだわって
いっぱい練習をした。

自分もご多分に漏れず、しょっぱなから
ジェフとスティーブの洗礼を受けていたんだなぁ...。

と最近のドラムマガジンの表紙を見て思った。

というハナシ。

取り憑かれたようにドラムをやっていた頃が懐かしい。

ちょっとでも、あの頃の気持ちに戻れればと思う今日この頃。

いさむ

こまっちゃクレズマライヴ観戦記

 さてさて、前日のなまず亭ライヴ、当日の仙台でのジャズフェス観戦を経て締めは「こまっちゃクレズマ」ライヴである。開演間際に到着。会場は満席状態であった。程なく演奏が始まるが、ステージ上にプレイヤーはおらず、楽器を奏でながら店の入り口から入ってきたのである。梅津和時さんの透き通ったサックスの音色が入り口を入ってきて、ステージまで歩くに連れ音の帯が彗星の尾みたいに伸びているのが見えるような錯覚に陥った。

 もともとクレズマ(正しくはklezmerだからクレズマーか)なるジャンルがあったことさえ知らなかったが、曲調は何やら懐かしさを感じさせてくれるもの。なんだろ、チャップリンなんかの無声映画のバックに流れるバイオリンやクラリネット、サックスが入った音楽という意味での懐かしさなのか、昔田舎からたまに出掛けた街中で聞いたチンドン屋のようなリズムからくる懐かしさなのか…。無意識のうちに通りすがっていた人と後々ばったり会い、「どっかで会ってるよなぁ」と考えるような感覚とでも言うか。
 ウィキペディアによれば、「東欧系ユダヤ(イディッシュ)、アシュケナジムの民謡をルーツに持つ音楽ジャンルの一つ」とのことで、起源は「バルカン半島北部を含む東欧とドイツ…」とのこと。で、「東欧系ユダヤ人の移民と第二次世界大戦後要王やドイツを逃れたユダヤ人らが、婚礼などの儀式を通して継承、1920年代にはユダヤ系米国人の間でポピュラーな音楽となった」とのこと。

 ネイティブなクレズマはもとより、「こまっちゃのそれはトラディショナルな楽曲もあったが、オリジナルはあくまでもクレズマをモチーフに日本的な要素をふんだんに盛り込み、大人から子どもたちにも十分受け入れてもらえるような曲調なわけ。で、メンバーのそれぞれが百戦錬磨の超一流ミュージシャンだから、そういう強固な基盤の上に成り立たせているんで、一音一音に説得力を含む重みがあんの。それでいて心地いい。
 会場はステージ前に4畳ほど畳を敷き詰めたお座敷風になっており、その後ろにイス席が並んでいたのだが、当初、梅津さんをはじめメンバーはみなさん楽器を吹きながら歩き回る趣向にあったらしいが、ぎっしりの満員で思うように「ほげまわれなかった」とのこと。まぁでも、俺を含めてお客さんの多くが「クレズマ」なんてジャンルがあったことさえ知らず、「こまっちゃ」の存在さえも知らなかったわけだから、一人でも多くの人に知ってもらうって意味じゃ歩き回れないほどお客さんが入ったのは何よりだったと思う。
 いやぁしかし…なんとも不思議な空間を体感した2時間余りでした。

定禅寺ストリートジャズフェス観戦記

 9月14日は仙台の定禅寺ストリートジャズフェスに行ってきた。今年は出なかったもんだから、たまに観る側に徹してみっかということで…。
 んで、行くにあたってシブケンが小さなメモ用紙にびっちりとなんか書いたのを持参してるんでのぞき込んだら、一応知り合いの出演時間などをメモって、見歩く順番を書いてあった。いやシブケンの意外な一面を見たねぇ。だって、行きの高速、村田付近はワイパーも利かないような土砂降りの雨。にも関わらず「いや仙台に着けば雨は上がっている!!」と根拠のない言い切り。いざ仙台に行けばやっぱ雨、「まぁこういうこともある」とはシブケンの一言。とにかく無類の楽天家(ノーテンキともいう)!その言い切りに根拠なし!のシブケンがちっちゃい紙にびっしりメモってあったのにはカンドーさえ覚えた。

続きを読む »

9月13日・ジャズフェス前夜祭inなまず亭

 9月13日は「定禅寺ジャズフェス前夜祭」と銘打ってのなまず亭ライヴ。四部構成でたっうかぷりブルースな夜でした。
 一部は露払いとしてうちらブルースクルーザーが。まずいつもどおり三人でやり、後半はなんとTAD三浦さんをドラムに迎えて。ライヴのMCで「いつ以来のドラムですか?」と尋ねれば「…………」とのことだったので、結構なブランクがあったのでしょうか。でも、ギター弾いても歌っても、ドラムを叩いても「TAD三浦」って主張があるのはさすがですね。自分等も久々のドラム入りバンドとして演奏させていただき、楽しくやらさせていただきました。
913blu.jpg

続きを読む »

「こまっちゃクレズマ」

 世界中にはいろんな音楽がある。当然のことではある。まだまだ知らない音楽もたくさんあんだろうに…。なるべく未知の音楽に接したと思うものである。最近は、「なんだべ?」と思う音楽はなるべく聴こうと思っている。そんなとこに最近ふと出会ったのが「クレズマ」であった。導入は「梅津和時」さんが主宰する「こまちゃクレズマ」である。このバンドにアコーディオンで参加しているのが「張紅陽」さん。この方、名前からして異国人かと思いきや生粋の日本人。本名は「熊谷陽子」さんといい、古くから当たり前に「ようこちゃん」とみんなに呼ばれていたのを逆さ読みにし、さらにその音に漢字を当てはめてステージネームとしているらしい。で、この「張紅陽」さん実は福島県出身で、ブルースクルーザーのシブケン、Mr.早坂とは旧知の仲。

 クレズマってジプシーに由来する音楽らしいが…これ以外は全くの知識不足なので言及できない。ただ、下から乗り上げさせてくれるリズムとメロディーは感覚的に感じ、俺の中ではいわゆる「楽しい音楽」ってくくり。んで、「こまっちゃ」を聴いて、ネイティブなクレズマってどんなもんだべ?って興味を持ちつつも、じゃぁ聴いてみっかとCD屋に行ったって品揃えあるわけない。そこで、仙台の「佐々木健一」さんを訪ねた際、「クレズマありますか?」と尋ねたところ、「この分野に手を出すと深くはまって抜けきれなくなるのが分かってるんであんま手出ししてないんだ…」といいながらCD棚を探すこと30秒…4枚程…「これ聴いてみたら」…だと。やっぱあの方ただモンじゃないね。

 んで、この「こまっちゃクレズマ」ですが、9月14日(日)福島の「風と木」でライヴがある。当日は仙台のジャズフェスだが、日中仙台ぶらついて、夜はクレズマで弾みたいと思っております。お暇な方はぜひ!!
 多分「クレズマ」って意識したことない方が多いと思うんで、新たな世界が見えるかもしんないと思うんだよね。まぁ俺の場合、いろんな音楽に接したいという欲求ってのはつまるとこと「ブルースが一番」っていうことの確認にもつながることだと思いつつ、ただいまどん欲に聴き漁っております。
by micky
 

 

定禅寺ジャズフェスの思い出

 再三お伝えしているように、ブルースクルーザーは今年の定禅寺ジャズフェスに出演しません。
 方々から「今年は何時から、どこで?」なんていう問い合わせをいただくにつけ、クルーザーとしても一抹の寂しさを感じてるす。結成直後からの参加ですから、11回か12回続けて参加してたんですねぇ。
 以前も書いたかもしれませんが、ここ数年は仙台のライヴハウス「HEAVEN」のマスター瀬戸さんはじめ、スタッフのみなさんが仕切ってくれる「勾当台公園滝前」がブルースバンドのブースになり、機材調達から当日の切り盛りまで全てこなしてくれ、出演者は楽器だけ持って時間に訪れれば即演奏…なんて贅沢な環境の中で演奏させていただきました。

続きを読む »

9月13日のなまず亭ライヴ

 9月13日のなまず亭は「ジャズフェス前夜祭」と称して、お馴染みファイアー大道さんがイケメン軍団を引き連れてのお出まし!
 イケメン軍団とはブルースモンキーズ!。若さに加え、メンバーが揃いも揃ってジャニーズ系のイケメンときた。ファイアー姉さんがイケメン軍団に囲まれている姿…姉と弟…母と子…これは一見の価値アリですね。
 そんな好奇な目は別として、ファイアー姉さんが従えてくるメンバーである、演奏自体のクオリティも高いに違いない。ジャズフェス前夜祭に相応しい、ブルースな夜になるはずである。またこの夜は、ファイアーバンドにこれまたなまず亭ではお馴染み、TAD三浦さんとTKさんが参戦!これは激しいライヴになりそうである。
 んで、うちらクルーザーは三人クルーザーでお出迎え!ランブリン前田もお目見えします。ドラムレスのクルーザー、カントリブルースのランブリン、音量的に勝ち目はありませんが、「熱さ」だけは負けないように務めさせていただきやす!!

 ファイアー姉さん御一行は、13日のなまずライヴを経て、翌14日は仙台の定禅寺ストリートジャズフェスティバルに参加。
 ファイアー姉さんは「ブルースモンキーズ」で、TAD三浦さん、TKさんは「TK&blues blasters」での参加。両方ともここ数年はブルースバンドで熱いステージになってる「勾当台公園滝前」にて。なんでも今年はTKさんらはフィナーレでも演奏するとのこと。さらに、その夜は仙台のライヴハウス「HEAVEN」でライヴだそうです。是非、そちらの方も楽しんでいただければと思います。あっ!ランブリンもジャズフェス参加でしたね。うちらクルーザーは残念ながら今年は不参加です。
 
by micky

うれしい知らせ!

 病気療養中のイサムちゃんでありますが、現場復帰が決まりました!
 「タンジェリンズ」ってインストバンドで、10月25日、郡山市「ホテルハマツ」のロビーラウンジにおいて、30分のステージを3回こなすそうである。
 「タンジェリンズ」はバイオリン、キーボード、ギターにイサムちゃんという構成のインストバンドで、今回はライヴなどという仰々しいものではなく、ラウンジでBGM的にっていうものであるようだ。イサムちゃんも、ライヴより負担が軽いってことから出る気になったみたいではあるが、やはりフル出場はきついみたいで、3回のステージもバイオリンソロとかバイオリンとピアノだけといった感じでやるとのことであった。なんでも、ホテルの関係者が「タンジェリンズ」のHPを見て気に入ってくれ声をかけてもらったとのこと。
 「タンジェリンズ」は、カバー曲もさることながらオリジナル曲もいいものがたくさんあって、主にキーボードのシンペーさんが手掛けているんだが、特に「冬の光」!これは秀逸!!みなさんにも一度聴いてもらいたいと思うねぇ。昨年、この「冬の光」を含んだ自主制作のミニアルバムも出した。また、HPはこちら、
http://www.ht-net21.ne.jp/~mikage/tange.html
興味のある方はのぞいて見て。

 まぁ今回は「慣らし」みたいな感じでの現場復帰であり、ブルースクルーザーでの復帰はもうちっと先になりそう。まず焦らず、ゆっくりでも着実に治してもらいたいですね。
by micky

シブケン&SueのDJナイト

 先週、8月29日の金曜日はなまず亭にて、シブケン&SueのDJナイトでありました。
 
 なまず亭はうちらブルースクルーザーをはじめ、様々なバンドが生演奏をするライヴハウスであるが、ライヴ自体は月に多くても2,3回といったところ。それ以外の週末はDJによる「クラブゥ~」になるのである。なまず亭でのイベントという意味では、DJナイトの方が断然回数が多い。
 当夜のDJもそんな「DJナイト」に含まれるとお思いの方、それはちょいと違います。
 俺もなまず亭をホームタウンにしておきながら、DJナイトなるイベントにはほとんど行ったことがないので、実際のところはよくわからないのだが、要は俺等が歌って、演奏して曲をつないで一つのステージとして創り上げるのと同様、DJの方々もレコードなどから楽曲をチョイスして、それをつないで一つのパフォーマンスとして成り立たせるものだろう。その手法として曲間でのMCやスクラッチなどのテクニックを駆使するものと解釈するのだがいかがなものだろうか…。

続きを読む »

8月23日ライヴ報告!

 単身生活にパソコンはない。ブログなどは全て携帯、よって時間がかかる。時間がかかると面倒になる。面倒になると途中でやめる。というわけで、携帯には中途半端な文章が多数保存されることになる。なら、面倒軽減で冒頭に余計なこと書かずにすんなり本題に入ればいいのに、性格上そうもいかない。先週ライヴの報告を書こうとして半端で保存した文章が4本。これが5本目である。
 23日の土曜、なまずのライヴは郡山からディープブルーを迎えて。
723sb.jpg

 

続きを読む »

 | HOME | 

プロフィール

ブルースクルーザー

Author:ブルースクルーザー
Vo.ha Micky
B Shibu-Ken
G Mr.HAYASAKA
Dr ISAMU
ブルースバー「なまず亭」
福島市栄町11-10 栄町ビル3F
TEL:024-522-7013

*ブルースクルーザーライブ情報*

☆BLUES CRUISERライヴ☆
BLUES CRUISERは2010年11月から活動休止中。
2011年3月11日(金)は、mickyが仙台HEAVENのセッションに参加します。
***<終了LIVE>***
☆BLUSCRUISERwith入道ライヴinジロキチ☆
日時:2010年10月9日(土)
場所:東京高円寺「ジロキチ」
東京都杉並区高円寺北2-3-4高円寺ビルB1
Tel&Fax 03-3399-2727
チャージ:2500円
open:18:30
start:19:30~
*久々にジロキチにおじゃまします。ゲストに入道さんを迎えて、気合入れてぶつかりたいと!!
☆TAD三浦&ファイアー大道BLUES SHOW inなまず亭☆
日時:2010年9月11日(土)
場所:福島市「なまず亭」
福島市栄町11-10
(℡024-522-7013)
チャージ:2000円
open:19:00
start:20:30ころ~
*毎年恒例、定禅寺ストリートジャズフェスティバル前夜祭。クルーザーはMr.早坂とイサムちゃんが欠席のため、ミッキーとシブケンのみ参加。翌12日(日)のジャズフェスでもミッキー&シブケンがファイアーバンドに参加させてもらいます。
日時:2010年8月20日(金)
場所:福島市「なまず亭」
福島市栄町11-10
(℡024-522-7013)
チャージ:2500円
open:19:00
start:20:30ころ~
*東京から「Radatap」が初お目見え。リズム隊は日本のトップブルースバンド「ローラーコースター」から山崎さん(Dr)、小町さん(b)が参加しているバンドです。 クルーザーは前座を務めさせていただきます
☆ほろ酔いウォーク「楽屋」☆
日時:2010年7月10日(土)
場所:福島市飯坂温泉「楽屋」
福島市飯坂町若葉町39
(℡024-542-3008)
チケット代:1000円(1drink+1food付き)
open:18:00
start:18:30~21:00
*BLUES CRUISERは18:30~19:00
☆石川二三夫&小出斉inなまず亭☆
日時:2010年7月10日(土)
場所:福島市「なまず亭」
(℡024-522-7013)
福島市栄町11-10 栄町ビル3F
チャージ:2500円
open:19:00
live start:20:30ころ~
*ブルース最強デュオ!石川二三夫さん(Vo&Harp)&小出斉さん(Vo&G)のデュオがなまず亭に登場!!!クルーザーは前座を務めさせていただきます
☆芸術公開講座「舞台芸術の多様性」☆
日時:2010年6月19日(土)
場所:福島市音楽堂
(℡024-531-6221)
福島市入江町1-1
チケット代:1000円(友の会900円)
open:13:30
start:14:00~15:30
*出演:BLUES CRUISER
「舞台芸術の多様性」と題した連続芸術公開講座の第4回目。「身近なブルース~ブルースを楽しもう~」って趣旨で演奏を交えながらの解説。
☆ブルースナイトinなまず亭☆
日時:2010年6月19日(土)
場所:福島市「なまず亭」
(℡024-522-7013)
福島市栄町11-10 栄町ビル3F
チャージ:800円
open:19:00
live start:20:30~
*出演:Maxwellstreet Blues Band(from 郡山)
    BLUES CRUISER
☆C-moon presents福島異種格闘技戦~本当の殴りあいはダメよ~☆
日時:2010年6月13日(日)
場所:C-moon
(℡024-521-8069)
福島県福島市大町4-24 B1
チケット代:1000円(友の会900円)
open:17:00
start:17:30~
TICKET : res¥1000(1drink込);door¥1500 (1drink込)
*出演:BLUES CRUISER,地底人 , THE NIGHT PIRATES , 仮称須藤プロジェクト,Campari Cola,ジャズボサ研究会
ロック、ジャズなどいろんなジャンルのバンドが出演予定。まさに、音楽の異種格闘技。クルーザーは20:00頃からの出番。
☆ichiro Tour inなまず亭☆
日時:2010年6月3日(木)
場所:福島市「なまず亭」
(℡024-522-7013)
福島市栄町11-10 栄町ビル3F
☆ブルースナイトinなまず亭☆
日時:2010年5月15日(土)
場所:福島市「なまず亭」
(℡024-522-7013)
福島市栄町11-10 栄町ビル3F
*出演:DEEP BLUE(from郡山)
    BLUES CRUISER
font color="#0000FF">☆名古屋「スローブルース」ブルースライヴ☆
日時:2010年5月1日(土)
場所:名古屋「スローブルース」(℡052-704-5815)
名古屋市名東区名東本通3-3 サンシャイン西山口5F
チャージ:500円
*出演:ブルースクルーザー
    山カポ:(Vo)マリコ(G)セイジ
    ブルースパンダ:(Har,Vo)三宅智(G)チャビィ小林(P)ペコ小林(B)トウソン(Dr)永井孝佳
☆ブルースナイトinなまず亭☆
日時:2010年4月17日(土)20:30スタート
場所:福島「なまず亭」(℡024-522-7013)
福島市栄町11-10 栄町ビル3F
チャージ:800円
*出演:ブルースクルーザー、ランブリン前田・・・今回は久々のクルーザー&ランブリンのレギュラーナイト。まったりのブルースナイトをどうぞ!!
☆Shun菊田シカゴデビュー20周年記念全国ツアー!☆
日時:2010年3月23日(火)
場所:山形「Bar Tarji」(℡023-623-3944)
山形市七日町2-7-28 YT二丁目ビル1F
*ブルースクルーザーからはmickyのみ参加
日時:2010年3月24日(水)
場所:仙台「HEAVEN」(℡022-268-2771)
仙台市青葉区国分町3-1-12 山下ビルB1F
*ブルースクルーザーがバックを務めます
日時:2010年3月25日(木)
場所:福島「なまず亭」(℡024-522-7013)
福島市栄町11-10 栄町ビル3F
*ブルースクルーザーがバックを務めます
☆BLUES CRUISERライヴ☆
☆なまず亭ブルースライヴ☆
日時:2010年2月20日(土)
場所:なまず亭(℡024-522-7013)
出演:Play&Pray(from郡山)
   BLUES CRUISER
☆なまず亭ブルースライヴ☆
日時:2009年11月7日(土)
場所:なまず亭(℡024-522-7013)
出演:DEEP BLUE(from郡山)
    BLUES CRUISER
☆相澤さん&ヤス結婚おめでとさんライヴ☆
日時:9月21日(月)
場所:なまず亭
出演:こまっちゃクレズマ(梅津和時、張紅陽はじめフルメンバー)
    鬼怒無月(KIKI BAND)
    長見順(マダムギター)
    BLUES CRUISER
日時:9月22日(火)
場所:ラ・ストラーダ(宮城県石巻市)
出演:同上
   ☆定禅寺JF前夜祭Live☆
日時:9月12日(土)
場所:なまず亭
出演:TAD三浦
    ファイアー大道
    BLUES CRUISER
☆入道Live☆
日時:8月7日(金)
場所:なまず亭
出演:入道
    BLUES CRUISER
    ランブリン前田
  ☆なまず亭Blues Night☆
日時:7月25日(土)
場所:なまず亭
出演:Play&Pray(郡山)
    BLUES CRUISER

☆近藤房之助Live☆
日時:7月9日(木)
場所:なまず亭
出演:近藤房之助
    BLUES CRUISER

☆小出斉&石川二三夫Live☆
日時:6月13日(土)
場所:なまず亭
出演:小出斉&石川二三夫
    BLUES CRUISER

☆BLUES CRUISERLive☆
日時:5月16日(土)
場所:なまず亭
出演:BLUES CRUISER
    DEEP BLUE

☆ミスターオーイェ Live☆
日時:4月25日(土)
場所:なまず亭
出演:ミスターオーイェ
BLUES CRUISER

☆菊田俊介withBLUES CRUISER☆
日時:2月17日(火)
場所:ヘプン(仙台)
出演:菊田俊介     BLUES CRUISER
☆菊田俊介withBLUES CRUISER☆
日時:2月18日(水)
場所:なまず亭
出演:菊田俊介     BLUES CRUISER
☆BLUES CRUISER☆
日時:12月20日(日)
場所:なまず亭
出演:BLUES CRUISER
    マダムギター 長見 順 Band
    ゲスト:張 紅陽(アコーディオン)
☆BLUES CRUISER☆
日時:11月30日(日)
場所:なまず亭
出演:BLUES CRUISER
    BlindLemorBrothers
☆BLUES CRUISER☆終了
日時:11月22日(土)
場所:なまず亭
出演:BLUES CRUISER
    Trippi'Out
☆BLUES CRUISER☆終了
日時:10月17日(金)
場所:なまず亭
出演:鬼ころし
    BLUES CRUISER
☆ 仙台ジャスフェス前夜祭!☆終了
日時:9月13日(土)
場所:なまず亭
出演:BLUES CRUISER 他

☆BLUES CRUISER☆終了
日時:8月23日(土)
場所:なまず亭
出演:BLUES CRUISER
    :DEEP BLUE
☆BLUES CRUISER☆終了
日時:7月19日(土)
場所:なまず亭
出演:BLUES CRUISER
   :play&pray(郡山)
   :ランブリン前田
☆BLUES CRUISER☆終了
「ほろ酔いウォーク」
日時:7月12日(土)
場所:飯坂”楽屋”
☆BLUES CRUISER☆終了
七夕スペシャルLIVE
日時:7月6日(日)
場所:なまず亭
出演:BLUES CRUISER
   :長見”マダムギター”順

☆BLUES CRUISER☆終了
日時:6月21日(土)
場所:なまず亭
出演:BLUES CRUISER
   :マックスウェル(郡山)

☆BLUES CRUISER☆終了
日時:5月24日(土)
場所:なまず亭
出演:BLUES CRUISER
 :Silver moon Blues band(郡山)
☆BLUES CRUISER☆終了
日時:5月23日(金)
場所:VORZ-BAR
出演:ランブリン前田
   :BLUES CRUISER
☆BLUES CRUISER☆終了
日時:4月26日(土)
場所:なまず亭
出演:BLUES CRUISER
☆BLUES CRUISER☆終了
日時:3月15日(土)
場所:なまず亭
出演:BLUES CRUISER
   :Deep blue
☆BLUES CRUISER☆終了
日時:2月23日(土)
場所:なまず亭
出演:BLUES CRUISER
   :ランブリン前田
   :Silver moon Blues band
☆菊田俊介LIVE☆終了
日時:2月18日(月)
場所:HEVEN(仙台)
出演:菊田俊介
  :BLUES CRUISER
☆菊田俊介LIVE☆終了
日時:2月19日(火)
場所:なまず亭
出演:菊田俊介
  :BLUES CRUISER
☆BLUES CRUISER☆終了
日時:2月11日(月)
場所:会津ドッグハウス
出演:BLUES CRUISER他
☆TK&BLUES BRASTERS☆終了
日時:2月3日(日)
場所:なまず亭
出演:TK&BLUES BRASTERS
  :BLUES CRUISER他
☆BLUES CRUISER☆終了
日時:1月26日(土)
場所:なまず亭
出演:BLUES CRUISER他
☆吉田ユーシン☆終了
日時:1月13日(日)
場所:なまず亭
出演:吉田ユーシン他
  :BLUES CRUISER
☆入道(Vo,ha)with Micky&BLUES CRUISER☆☆終了
日時:12月22日(土)
内容:“Blues X'mas!”

☆☆「JIROKICHI」(東京)ライブ☆☆終了
日時:2007.11.23(金)
内容:"Somebody Lone Me a Dime!"
Micky&ブルースクルーザー・ライブ (♪2700)
ゲスト 入道vo.harp 小出斉g.vo 岡池曙裕dr
☆☆「BrightBrown」(中野)ライブ☆☆終了
日時:2007.11.24(土)

☆☆「なまず亭」ライブ☆☆終了
日時:2007.11.17(土)
出演:Trippi'Out
  :BluesCruiser
☆☆「まちなかコンサート」ライブ☆☆終了
日時:2007.11.3(土)14:20~15:10(予定)
場所:福島パセオ「屋台村前」
☆☆「なまず亭」ライブ☆☆(終了)
日時:2007.10.20(土)
出演:DEEPBLUE
BLUES CRUISER
☆☆ISAMUSUNDAY☆☆(終了)
2007.9.23(日)PM7:00開演
福島県郡山市Hip Shot Japan
【出演】
Tangerine's
Blues Cruiser
YAMAKAERU

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。