ブルースクルーザーざ~ます!

福島市にあるブルースバー「なまず亭」ハウスバンドのブルースクルーザーが情報をお伝えするブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

八戸ブルースフェスティバル!

7月9日、今度の土曜であるが、八戸にて「八戸ブルースフェスティバル」なるイベントがある。何年か前に始まり、恒例イベントになりつつあるらしい。詳しいことはわからないが、今年もやるというのは知っていた。というのも、郡山のmaxwellstreet blues bandやplay&prayといった郡山の知人バンドが出演するというのを聞いていたからである。俺も行ってみたいと思いながら、クルーザーが活動してない状態では所詮無理…とちょいと寂しく思っていた。

先日、6月に入道ライヴin盛岡でご一緒したドラムの横浜さんから連絡が来た。聞けば、横浜さんは盛岡や秋田のメンバーでの混成バンドで出演するらしい。で、「ミッキーも来ない?」とのお誘いが!横浜さんの誘いである、万難排する前に二つ返事であった。というわけで、土曜は八戸まで行くことに。
さて、二つ返事で行くことになったはいいが、八戸がどの辺りかも正確に把握しておらず地図を引っ張り出す。遠かった…。
で、イベント自体に関しては、夜にライヴハウスで、10組程のバンドが出るとのこと。夏のフェスということから、日中の野外をイメージしていたが全く逆であった。普通にライヴをやる時間帯にやるのだが10組も出演するとなるとオールナイトみたいな感じで盛り上がるのだろうか…?
ともあれ、17:30からリハがあるらしく、そのあたりをメドに高速もタダだし、のんびり行く予定。だが、なんかすっきりしない…万難排さずとも二つ返事をしたはいいが、八戸で横浜さんに会った次の日、日曜は横浜に行かねばならなかったのだった。。。
こりゃとんぼ返りで戻らねば………。
でも、ライヴはちゃんと楽しんでハッスルして来ますよ!
by micky

帰るべきところ

暑いのが大好きだ。毎日酷暑日でもいいくらいである。只今梅雨真っ盛り、雨は大嫌いなんで、昨日の朝も雨に立ち向かうべく、相応の気持ちを作って家を出た。ところが、駅に着くと陽が照り始め、ホームで電車を待つ後頭部にジリジリと陽が刺し込んでくる。暑いのは大好きだが、雨仕様の気構えであったところにさす陽射しにはちょいとした焦燥感を感じた。

さて、先だってクラシック好きの友人に勧められ、ボレロを購入。友人の見立てどおりに、有名どころを探すも相応のお値段。ふと見るとワゴンセールの中に埋もれていたボレロを発見。しかも、小沢征爾の75年にボストンフィルを率いた録音らしく、友人の勧めに合致。しかもワゴンセールにつき、1000円の廉価盤と俺の懐にも合致でお買い上げ。

最近、別の友人が「人生はパッションだ!」と唱える。印象深かったせいか、頭の中をこのワードが駆け巡っている。「パッション」…そういやぁ熱情とか激情とかいうピアノの曲があったな…。ということで、また友人に「熱情とか激情とかいうピアノの曲あったよな?誰の曲?」と聞けば、「そりゃベートーベンだよ」という。「運命」に「第九」のイメージから、ベートーベンにピアノの曲があったとは意外に思いながらもコーナーへ。友人からなんちゃらいうカタカナがズラリ並んだピアニストを勧められるも、長いカタカナが覚えきれず、やはり廉価盤を物色。これまた1000円モノを発見して購入。
帰宅し、早速封切り。まずはボレロから。
「おぉ!これこれ。このメロディよ」
と聴き始めたが、この曲って、あの聴き覚えのあるメロディの繰り返しみたいな感じで、劇的な展開のない曲だったんですね。15分余りの繰り返し劇だったのだが、なんだろ、この聴き終えた後の沸々感。お馴染みのメロディだが、最初は静かに始まり、次第にテンションが上がり、最後は沸騰みたいな。遠赤外線でゆっくり炙られ中までしっかり火が通る感じ。というわけで、梅雨時のなかなか外に足が向かない平日の朝なんかに流す、俺的テンションあげる曲ランクの堂々の1位に!こりゃいい感じの曲に巡り会えた。
続いて封切った「熱情」。だが、いくら聴けどもイメージしていたフレーズが出てこない。友人に「俺が思ってた曲と違ってた」と言えば、友人も俺がイメージしていた曲がなんだったか気になるとのこと。で、「どんな感じの曲か」と尋ねてくるんで、「左手の動きが激しくて…」と返信したところ、「そりゃもしかしてショパンの革命じゃね?」とのこと。で、早速CDラックから探し出しかけてみる。かくして、俺が思ってた「熱情」は「革命」であった。しかし、「左手の動きが激しくて…」で「革命」をイメージした友人はなかなかいかしたヤツである。まぁこんな勘違いがあったが、「人生はパッションだ!」と言い放った友人のお陰で、正真正銘の「熱情」に出会えたわけである。
そんなわけで、その夜はクラシック三昧であったが、ダントツのトップはEtta James!
先日、後れ馳せながら映画「キャデラックレコード」を観た。ビヨンセ扮するエタが歌うI’d rather go blindはなかなかなもんであったが、エタのを聴いたことがなかったので、「ボレロ」と「熱情」の~つ・い・で~に忍ばせて購入。
最近、ブルース以外の音楽を聴く機会が多いが、やはり帰るべきはブルース。他の音楽を聴くことで、ブルースこそが一番であることを再認識するのであります。
~あんたが去り行くところを見るくらいなら、盲目になった方がいい~
と歌うエタ。この梅雨時にピッタリかもね。。。
by micky

心満たされたライヴ!

「夜目、遠目、傘の中」…とは女性が綺麗に見えるシチュエーションと昔から言う。この梅雨時、前から傘さしながら歩いてくる女性がどんな女性だろうと、覗き見る感じは世の男にとって小さな楽しみでもあろう。覗き見た結果、好みの顔立ちが現れた時なんか、おみくじで大吉を引いた「やった!」感がある。鬱陶しいこの時期の楽しみ…。しかし、最近は透明のビニール傘をさす女性も多く、そういった風情、趣を多分に含む男どもの楽しみを奪う風潮にあり、昔から言う「夜目、遠目、傘の中」って概念も崩れかけて来てるんでないべかね…。

さて、そんな梅雨時の鬱憤を晴らすような、昨夜行ったあるライヴのご報告を。それは地元「えずこホール」での「The Party」と題したライヴ。フライド・プライドをメインに日野皓正、coba、ヤヒロトモヒロなどをゲストを迎えた超豪華版!

俺的には(とんでもなく上から行っちゃいますが)、フライド・プライドって既成の楽曲を我が色に染めて表現する音楽性が好みに合い、何枚かアルバムも買って、今でもCDラックに埋もれさせることなく、コンポ脇に置いては聴く機会が多いアーティストである。少なくとも、我がアイドル、ジュニア・ウェルズより聴く機会が多い。でも、奏でる音楽あるいはCDジャケットからライヴをイメージして行きたいとは思えずにいた存在であった。なぜなら、透かした感じで斜に構え、洒落た感じでテクニックを見せつける…みたいなイメージが脳内を支配してたもんで、どうせ行っても、次元の違うテクニックを見せつけられて、「はいお帰りください」みたいなもんだろうと思い込んでいた。重ねて言うが、音楽性は大好きなのだ。でも、わざわざ好きなものを嫌いになりに行く必要はなかろうと高をくくっていた。
一月程前、我が地元にある「えずこホール」にフライド・プライドが来ることを知った。単純に「洒落た二人がこんな田舎町にくるんだ…」程度の印象。でも、ゲストに日野皓正とcoba…「田舎町でのコンサートにしちゃ豪華過ぎんじゃね?」と素朴な疑問。
かつて世の中がバブルに踊ってた頃は、夏ともなれば世界的なビッグネームがこぞって出演する大規模なジャズフェスが乱発したが、そんなフェスティバルに名を連ねてこそ納得って感じのメンツだから「なんで???」が先立つ。で、さらなる驚きはチケット代が2000円!さらにさらに高校生料金なんてのも設けられており、これまた驚きの1000円。こりゃ怪しい……。完コピそっくりさんでも来るのか……。その疑問で一杯になり、疑問払拭のためえずこホールまで赴く。窓口に座り、応対に出た女性係員(以下、係)に、
俺:「すみませんが、フライド・プライドのライヴ、あのメンツで2000円は当たり前に考えてあり得ないですよね」
係:「そうなんです。今回は特別です」
俺:「そっくりさんだったとか、なんかオチがあるの?」
係:「いえ、皆さんご本人が出演されます」
俺:「でもなんか納得いかないっていうか、しっくり来ないよね」
係:「実は、被災地でのライヴということで、被災された方々に少しでも多く来ていただきたい、来ていただくために低料金に設定してくださいというご本人からの申し出があったそうです」
俺:「………………マジ、いい人だ。チケットください」
というわけで、チケット購入となった。しかし、いい人だ!と思いながらも、積年のイメージが支配している状況に変わりなく、「まぁ見せつけられて、はいお帰りくださいでも、2000円じゃ、まぁいいか…ですまされる範囲か」って感じで昨夜に至った。


始まると、ギターの横田さんが一人で現れ、演奏を前に震災見舞の口上を述べる。その語り口、内容に体温を感じ、この瞬間に、俺の積年のイメージが間違いであったことに気付く。そして、ボーカルのshihoさんが現れ、まずはフライド・プライドのお二方での演奏が始まり、曲間のMCでのshihoさんの語り口、横田さんとの掛け合い、MCで紹介する横田さんのエピソードなど、人間味溢れ、ライヴ自体が人間臭い雰囲気で流れて行く。
俺のイメージは一掃され、「やっぱCDだけじゃわからないもんだ。もっと早く来ればよかった」と思った。こんな雰囲気だから、もうすべての負のイメージは払拭され身を委ねてライヴの雰囲気にどっぷりと浸かる。
もともと、既成の曲を我が色に染めるアレンジもさることながら、横田さんの超絶ギターにも耳を惹かれていたので、あの人間的なバックボーンを確認したら、テクニックを単なる手先の技術って捉え方でなくなってるくるのもおもしろい。
自戒を込めて言うが、やはり先入観で固めたイメージにこだわるととんでもない方向に行っちゃうこともあるね。ニュートラルを心掛けて、自分の五感で感じた上でないとね…。

その後は続々とビッグネームが登場。演奏の質などいわずもがな。それに、曲間のトークが実に和やかなライヴになる強烈なエッセンスに。出演者のみなさんが、ミュージシャンっていう立場からではなく、人として、被災地でやる意義を殊更に意識しているようで、とにかく笑顔に、そして、満たされた気分に…って目的を持ってステージに上がり、そのためにできるのはミュージシャンとして振る舞うことって感じが、ひしひしと伝わるパフォーマンスであった。
そんな中でも、shihoさんが解説付きで歌った「smile」には久々に鳥肌立つのを感じた。
二時間半あまり、様々な趣向、コラボで一気にステージが進み、アンコールを経て終了。満たされた気分でホールを出たところ、なんと出演者全員が出口でお客さんを送り出してるではないか!いやぁ最後まであり得ないことが現実になった夜であった。
震災後、再三にわたって言っていることではあるが、音楽って腹を満たすにはなんの役にも立たないが、心は満たせるものであることを確信した夜でもあった。by micky

ブルースデュオinなまず亭

 こんだけなまず亭にご無沙汰してると「なまず亭のハウスバンドです」なんて言えなくなっちゃうね…。
 先日、東京出張の新幹線でのこと。その日は日曜の午後だったのだが、東京行きはこれが満席に近い状態で、仙台から乗る時には、もう指定席が取れず、自由席だけであった。仙台で自由席に乗ったところ、窓際は全て埋まっており、三人掛けの真ん中を空けて通路側にしか座ることができなかった。仙台を出て、程なく寝付いたのだが、何やら人の気配で目覚める。目をやれば、うら若き女性が荷物を抱えて立っており、「すみませんが…」と言うではないか。それで、空いている真ん中の席に座りたいのだと分かった。窓際に座っていた人はオヤジであり、通路側に座っていた俺も言わずもがなのメタボオヤジ、その間に座ろうというこの乙女、なかなか肝が座っている…と思いつつ、一度席を立って通してあげ、車窓から外を見やれば福島駅であった。
福島と言えばクルーザーの拠点、我が第二の故郷…というわけで、急に親近感が湧き、ついつい「福島の方ですか?」と声をかけてしまう。が、その後の展開を何も考えていない。「はい、そうです」とは彼女の返事。福島県人を確認して、オヤジはなお一層親近感を高めるが、その乙女はメタボオヤジに声をかけらるというあり得ないシチュエーションに当惑気味…。でも、かくかくしかじかで、「なまず亭って知らない?」へたどり着く。「知りません」とは乙女の言。これで後先考えず声をかけたメタボオヤジの会話は完全に行き詰まる。しかし、優しき乙女は行き詰まったオヤジを察してか、「どんなお店ですか?」と助け船。この言葉に救われ、なまず亭は音楽バーで、週末なんかはDJが入ってクラブ化するような店であることを説明するとともに、クラブ化したなまず亭には、乙女と同年代の若者が集うので、もしかしたら…と思い、声をかけた理由まで引き出してくれた。引き出してくれた乙女の厚意に乗じ、たまにライヴとかもやってて、オヤジは……ハウスバンドとして出ていることまで言及。優しき乙女は「私はなまず亭を知りませんが、音楽好きの友達がたくさんいるので、たぶん知っている人もいると思います」とフォロー。さらに、「どんな音楽ですか?私も音楽は好きなので」と、さらにオヤジの言葉を引き出してくれる優しき心遣い。オヤジはまた調子に乗って、ブルースであること、最近はバンド休止中であること、でも近々バンドではないがライヴを再開することなどを説明したのであった。

そう、来月23日は、なます亭にて久々のライヴ。バンドではなく、以前紹介した、「ヤングコーン」って名前で10年も前にちょいと活動してたギターとのデュオで。

さて、間もなく東京駅。乙女にとって、メタボオヤジに声をかけらるというあり得ないシチュエーションであったろうが、メタボオヤジもうら若き女性と言葉交わすというのもあり得ないシチュエーション。互いにあり得ないシチュエーションではあったが、オヤジのそれはワクワク感ありありのものであったのに対し、乙女にとってはウザい、キモいって感情が多分に含まれたものであったろう。だが、東京駅で降りる時、乙女はご丁寧にも「ありがとうございました」だと。いやはや、何とも最後の最後まで、心遣いの行き届いた素敵な女性であった。聞けばこの女性、OLをやりながら大学に通う頑張り屋さん。なるほど、一筋通った感じは、こうして目的を持って、昼夜、二足のわらじを厭わず頑張っているところから滲み出るものだと納得したのでした。
心当たりのある乙女!お暇なら来月23日は遊びにおいでよ!そして皆様、久々のなまずですので、どうぞ冷やかしに来てちょ!
by micky

RADATAPな夜でした!



17日金曜は、仙台「HEAVEN」にてRADATAPライヴであった。
いつもながらに重厚な音にリズム…。安定感抜群の大人なバンドであった。
まぁ言わずもがな、ドラムとベースは、ローラーコースターの山崎さんに小町さんだものね、しっかり、がっちりした土台があるんだもの、あとはどんな建物でも建ててください…って感じのバンドだから、それに乗っかるカズさんのギターに、ファッツさんのキーボードが自由に遊べて、ボーカルのアッチャンも好きなように自分を表現できるみたいな…、とても余裕を感じさせるバンドなのであります。それに、互いに絡み合おうって意識の下で自分の役割を全うしてるんで、その余裕が生み出されんのかも。
2つの前座バンドを経てRADATAP登場!長めワンステージであった。
今回、個人的な楽しみはmojo!なぜなら、RADATAPのmojoは全編山崎さんのドラムソロみたいなアレンジで、他のバンドとは一味違うらしいのだ。昨年、クルーザーがなまずでご一緒した際は、このmojoは登場せず。なぜなら、ドラムの山崎さんが右腕負傷で使えず、さすがに左手一本では無理…ってことでメニューに載らずであった。でも、全編左手一本で叩き切ったのです。あれはあれで圧巻!尋常ではない…(昨年6月に当ブログで紹介してますんでご参照のほどを)。
んで、本番前にアッチャンに確認。
ミ「今日mojoやる?」
ア「やるよ。ミッキー一緒に出なよ」
ミ「いいけど、電車が早くて、最後までいられないかも」
ア「確か最後の方にやる予定だったけど、それなら前半にやるよ」
と、俺の都合で構成を変えてもらうという…何とも申し訳ない事態に。それでもみなさん快く受け入れてもらって、ステージに上げていただきました。
mojoは、山崎さんのドラムから始まり、やはり、他のバンドとは一味違う感じで、最初は曲の雰囲気を掴み切れず戸惑ったが、さすがに一貫して安定したビートが流れてるもんだから、入り込むまでにそんなに時間はかからなかった。
俺としては、フルバンドで思い切りハープを吹ける久々の環境だったので、もう楽しいってことだけが先行しちゃって、客席にいる感覚で山崎さんのドラムを楽しむことができなかったのはちょいと心残りであった。それでも、客席にいては体感できない、あのテンションの高いドラミングにみなさんが乗せられ、それに背中を押されるような感覚は得難いものであった。
mojoが終わり、ステージから降りようとしたところ、もう一曲やってきなということで、just wanna litlle bitにも混ぜてもらい、楽しさ倍増な夜でした。
RADATAPのみなさんありがとう&お疲れ様でした。
RADATAPは翌18日福島梁川は「百万馬力」でもライヴをしたのでした。
また来年もお待ちしてます!で、来年はクルーザーでご一緒させていただければいいのですが…。
by micky

«  | HOME |  »

プロフィール

Author:ブルースクルーザー
Vo.ha Micky
B Shibu-Ken
G Mr.HAYASAKA
Dr ISAMU
ブルースバー「なまず亭」
福島市栄町11-10 栄町ビル3F
TEL:024-522-7013

*ブルースクルーザーライブ情報*

☆BLUES CRUISERライヴ☆
BLUES CRUISERは2010年11月から活動休止中。
2011年3月11日(金)は、mickyが仙台HEAVENのセッションに参加します。
***<終了LIVE>***
☆BLUSCRUISERwith入道ライヴinジロキチ☆
日時:2010年10月9日(土)
場所:東京高円寺「ジロキチ」
東京都杉並区高円寺北2-3-4高円寺ビルB1
Tel&Fax 03-3399-2727
チャージ:2500円
open:18:30
start:19:30~
*久々にジロキチにおじゃまします。ゲストに入道さんを迎えて、気合入れてぶつかりたいと!!
☆TAD三浦&ファイアー大道BLUES SHOW inなまず亭☆
日時:2010年9月11日(土)
場所:福島市「なまず亭」
福島市栄町11-10
(℡024-522-7013)
チャージ:2000円
open:19:00
start:20:30ころ~
*毎年恒例、定禅寺ストリートジャズフェスティバル前夜祭。クルーザーはMr.早坂とイサムちゃんが欠席のため、ミッキーとシブケンのみ参加。翌12日(日)のジャズフェスでもミッキー&シブケンがファイアーバンドに参加させてもらいます。
日時:2010年8月20日(金)
場所:福島市「なまず亭」
福島市栄町11-10
(℡024-522-7013)
チャージ:2500円
open:19:00
start:20:30ころ~
*東京から「Radatap」が初お目見え。リズム隊は日本のトップブルースバンド「ローラーコースター」から山崎さん(Dr)、小町さん(b)が参加しているバンドです。 クルーザーは前座を務めさせていただきます
☆ほろ酔いウォーク「楽屋」☆
日時:2010年7月10日(土)
場所:福島市飯坂温泉「楽屋」
福島市飯坂町若葉町39
(℡024-542-3008)
チケット代:1000円(1drink+1food付き)
open:18:00
start:18:30~21:00
*BLUES CRUISERは18:30~19:00
☆石川二三夫&小出斉inなまず亭☆
日時:2010年7月10日(土)
場所:福島市「なまず亭」
(℡024-522-7013)
福島市栄町11-10 栄町ビル3F
チャージ:2500円
open:19:00
live start:20:30ころ~
*ブルース最強デュオ!石川二三夫さん(Vo&Harp)&小出斉さん(Vo&G)のデュオがなまず亭に登場!!!クルーザーは前座を務めさせていただきます
☆芸術公開講座「舞台芸術の多様性」☆
日時:2010年6月19日(土)
場所:福島市音楽堂
(℡024-531-6221)
福島市入江町1-1
チケット代:1000円(友の会900円)
open:13:30
start:14:00~15:30
*出演:BLUES CRUISER
「舞台芸術の多様性」と題した連続芸術公開講座の第4回目。「身近なブルース~ブルースを楽しもう~」って趣旨で演奏を交えながらの解説。
☆ブルースナイトinなまず亭☆
日時:2010年6月19日(土)
場所:福島市「なまず亭」
(℡024-522-7013)
福島市栄町11-10 栄町ビル3F
チャージ:800円
open:19:00
live start:20:30~
*出演:Maxwellstreet Blues Band(from 郡山)
    BLUES CRUISER
☆C-moon presents福島異種格闘技戦~本当の殴りあいはダメよ~☆
日時:2010年6月13日(日)
場所:C-moon
(℡024-521-8069)
福島県福島市大町4-24 B1
チケット代:1000円(友の会900円)
open:17:00
start:17:30~
TICKET : res¥1000(1drink込);door¥1500 (1drink込)
*出演:BLUES CRUISER,地底人 , THE NIGHT PIRATES , 仮称須藤プロジェクト,Campari Cola,ジャズボサ研究会
ロック、ジャズなどいろんなジャンルのバンドが出演予定。まさに、音楽の異種格闘技。クルーザーは20:00頃からの出番。
☆ichiro Tour inなまず亭☆
日時:2010年6月3日(木)
場所:福島市「なまず亭」
(℡024-522-7013)
福島市栄町11-10 栄町ビル3F
☆ブルースナイトinなまず亭☆
日時:2010年5月15日(土)
場所:福島市「なまず亭」
(℡024-522-7013)
福島市栄町11-10 栄町ビル3F
*出演:DEEP BLUE(from郡山)
    BLUES CRUISER
font color="#0000FF">☆名古屋「スローブルース」ブルースライヴ☆
日時:2010年5月1日(土)
場所:名古屋「スローブルース」(℡052-704-5815)
名古屋市名東区名東本通3-3 サンシャイン西山口5F
チャージ:500円
*出演:ブルースクルーザー
    山カポ:(Vo)マリコ(G)セイジ
    ブルースパンダ:(Har,Vo)三宅智(G)チャビィ小林(P)ペコ小林(B)トウソン(Dr)永井孝佳
☆ブルースナイトinなまず亭☆
日時:2010年4月17日(土)20:30スタート
場所:福島「なまず亭」(℡024-522-7013)
福島市栄町11-10 栄町ビル3F
チャージ:800円
*出演:ブルースクルーザー、ランブリン前田・・・今回は久々のクルーザー&ランブリンのレギュラーナイト。まったりのブルースナイトをどうぞ!!
☆Shun菊田シカゴデビュー20周年記念全国ツアー!☆
日時:2010年3月23日(火)
場所:山形「Bar Tarji」(℡023-623-3944)
山形市七日町2-7-28 YT二丁目ビル1F
*ブルースクルーザーからはmickyのみ参加
日時:2010年3月24日(水)
場所:仙台「HEAVEN」(℡022-268-2771)
仙台市青葉区国分町3-1-12 山下ビルB1F
*ブルースクルーザーがバックを務めます
日時:2010年3月25日(木)
場所:福島「なまず亭」(℡024-522-7013)
福島市栄町11-10 栄町ビル3F
*ブルースクルーザーがバックを務めます
☆BLUES CRUISERライヴ☆
☆なまず亭ブルースライヴ☆
日時:2010年2月20日(土)
場所:なまず亭(℡024-522-7013)
出演:Play&Pray(from郡山)
   BLUES CRUISER
☆なまず亭ブルースライヴ☆
日時:2009年11月7日(土)
場所:なまず亭(℡024-522-7013)
出演:DEEP BLUE(from郡山)
    BLUES CRUISER
☆相澤さん&ヤス結婚おめでとさんライヴ☆
日時:9月21日(月)
場所:なまず亭
出演:こまっちゃクレズマ(梅津和時、張紅陽はじめフルメンバー)
    鬼怒無月(KIKI BAND)
    長見順(マダムギター)
    BLUES CRUISER
日時:9月22日(火)
場所:ラ・ストラーダ(宮城県石巻市)
出演:同上
   ☆定禅寺JF前夜祭Live☆
日時:9月12日(土)
場所:なまず亭
出演:TAD三浦
    ファイアー大道
    BLUES CRUISER
☆入道Live☆
日時:8月7日(金)
場所:なまず亭
出演:入道
    BLUES CRUISER
    ランブリン前田
  ☆なまず亭Blues Night☆
日時:7月25日(土)
場所:なまず亭
出演:Play&Pray(郡山)
    BLUES CRUISER

☆近藤房之助Live☆
日時:7月9日(木)
場所:なまず亭
出演:近藤房之助
    BLUES CRUISER

☆小出斉&石川二三夫Live☆
日時:6月13日(土)
場所:なまず亭
出演:小出斉&石川二三夫
    BLUES CRUISER

☆BLUES CRUISERLive☆
日時:5月16日(土)
場所:なまず亭
出演:BLUES CRUISER
    DEEP BLUE

☆ミスターオーイェ Live☆
日時:4月25日(土)
場所:なまず亭
出演:ミスターオーイェ
BLUES CRUISER

☆菊田俊介withBLUES CRUISER☆
日時:2月17日(火)
場所:ヘプン(仙台)
出演:菊田俊介     BLUES CRUISER
☆菊田俊介withBLUES CRUISER☆
日時:2月18日(水)
場所:なまず亭
出演:菊田俊介     BLUES CRUISER
☆BLUES CRUISER☆
日時:12月20日(日)
場所:なまず亭
出演:BLUES CRUISER
    マダムギター 長見 順 Band
    ゲスト:張 紅陽(アコーディオン)
☆BLUES CRUISER☆
日時:11月30日(日)
場所:なまず亭
出演:BLUES CRUISER
    BlindLemorBrothers
☆BLUES CRUISER☆終了
日時:11月22日(土)
場所:なまず亭
出演:BLUES CRUISER
    Trippi'Out
☆BLUES CRUISER☆終了
日時:10月17日(金)
場所:なまず亭
出演:鬼ころし
    BLUES CRUISER
☆ 仙台ジャスフェス前夜祭!☆終了
日時:9月13日(土)
場所:なまず亭
出演:BLUES CRUISER 他

☆BLUES CRUISER☆終了
日時:8月23日(土)
場所:なまず亭
出演:BLUES CRUISER
    :DEEP BLUE
☆BLUES CRUISER☆終了
日時:7月19日(土)
場所:なまず亭
出演:BLUES CRUISER
   :play&pray(郡山)
   :ランブリン前田
☆BLUES CRUISER☆終了
「ほろ酔いウォーク」
日時:7月12日(土)
場所:飯坂”楽屋”
☆BLUES CRUISER☆終了
七夕スペシャルLIVE
日時:7月6日(日)
場所:なまず亭
出演:BLUES CRUISER
   :長見”マダムギター”順

☆BLUES CRUISER☆終了
日時:6月21日(土)
場所:なまず亭
出演:BLUES CRUISER
   :マックスウェル(郡山)

☆BLUES CRUISER☆終了
日時:5月24日(土)
場所:なまず亭
出演:BLUES CRUISER
 :Silver moon Blues band(郡山)
☆BLUES CRUISER☆終了
日時:5月23日(金)
場所:VORZ-BAR
出演:ランブリン前田
   :BLUES CRUISER
☆BLUES CRUISER☆終了
日時:4月26日(土)
場所:なまず亭
出演:BLUES CRUISER
☆BLUES CRUISER☆終了
日時:3月15日(土)
場所:なまず亭
出演:BLUES CRUISER
   :Deep blue
☆BLUES CRUISER☆終了
日時:2月23日(土)
場所:なまず亭
出演:BLUES CRUISER
   :ランブリン前田
   :Silver moon Blues band
☆菊田俊介LIVE☆終了
日時:2月18日(月)
場所:HEVEN(仙台)
出演:菊田俊介
  :BLUES CRUISER
☆菊田俊介LIVE☆終了
日時:2月19日(火)
場所:なまず亭
出演:菊田俊介
  :BLUES CRUISER
☆BLUES CRUISER☆終了
日時:2月11日(月)
場所:会津ドッグハウス
出演:BLUES CRUISER他
☆TK&BLUES BRASTERS☆終了
日時:2月3日(日)
場所:なまず亭
出演:TK&BLUES BRASTERS
  :BLUES CRUISER他
☆BLUES CRUISER☆終了
日時:1月26日(土)
場所:なまず亭
出演:BLUES CRUISER他
☆吉田ユーシン☆終了
日時:1月13日(日)
場所:なまず亭
出演:吉田ユーシン他
  :BLUES CRUISER
☆入道(Vo,ha)with Micky&BLUES CRUISER☆☆終了
日時:12月22日(土)
内容:“Blues X'mas!”

☆☆「JIROKICHI」(東京)ライブ☆☆終了
日時:2007.11.23(金)
内容:"Somebody Lone Me a Dime!"
Micky&ブルースクルーザー・ライブ (♪2700)
ゲスト 入道vo.harp 小出斉g.vo 岡池曙裕dr
☆☆「BrightBrown」(中野)ライブ☆☆終了
日時:2007.11.24(土)

☆☆「なまず亭」ライブ☆☆終了
日時:2007.11.17(土)
出演:Trippi'Out
  :BluesCruiser
☆☆「まちなかコンサート」ライブ☆☆終了
日時:2007.11.3(土)14:20~15:10(予定)
場所:福島パセオ「屋台村前」
☆☆「なまず亭」ライブ☆☆(終了)
日時:2007.10.20(土)
出演:DEEPBLUE
BLUES CRUISER
☆☆ISAMUSUNDAY☆☆(終了)
2007.9.23(日)PM7:00開演
福島県郡山市Hip Shot Japan
【出演】
Tangerine's
Blues Cruiser
YAMAKAERU

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。